www.momandpopdesign.com
自動車を所有するあなたならば承知しているものですが、自動車税というものを支払う義務があります。それで自動車税は手放す愛車売却時に一般に戻ってくるのです。これについてはちょっと実行してみると頭に入ってきますがそれでははじめから順を追って簡単に案内していきます。あえて補足しておけば国内販売されているクルマだけに限らず海外の車などでも返還される対象になります。当然所有車もそうですね。自動車税というのは自動車の所有者が支払い義務を負う税金なのですが、それぞれの排気量の大きさで決められています。1リッターより小さいならば29500円で、1リッターから1.5リッターの場合34500円です。これ以上は500cc毎に5000円増加していきます。またこのお金は4月1日時点で車を所有している人が、年度内のお金を払う事になっています。つまり事前納付になるということですから、もちろんクルマを引き取ってもらって、所有権を失った場合などはその分の税額は戻ってくるのです。この自動車税は事前納付でその年度の税額を払いますから年度内に車を売ったときは、買い取った所有者が税金の納付義務を負うのです。買い取った相手が買取専門業者でしたら、売却した際にあなたが先払いしている分の税額を返還してくれます。要は所有権を手放した時以後の税は権利が移った保有者が支払い義務を負います。もし10月の間に自動車を買い取ってもらったなら、11月から翌年3月の間までの自動車税は返金されます。というのは、前述の通り自動車税というのは一年分を先に支払っているということによるものです。要は、前オーナーは売却相手に税金を返してもらうということなのです。個人的にクルマを買い取ってもらう場合には、結構こうした事実に気づかない人が見受けられるため、きちんと確認するようにしてください。自動車税がクルマを売った際に還ってくるということを意外に知らない人が多い事をいいことにその事実を説明しない悪徳業者もあるのです。こちらから税金について言わなければ、そのことに言わないという場面もたびたび見受けられます。なので車の買取をする時には、払いすぎたお金が返金されるか否かを確認することを怠らないようにする必要があります。