www.momandpopdesign.com
本日は為替相場の基本的理由の説明をします。為替とは何かというと「金銭の送金をしなくても金銭のやり取りの望みを達成すること」なのです。概ね為替というのはたいてい外国の為替について言い表すというケースが大半です。国際の為替とは二つの国の金の換金のことを指します。海外旅行(イギリス、ベトナム、)をしたことがあれば当然国際の為替の取引の経験があります。近くの銀行で他の国の貨幣に両替するのであればまさに国際の為替なのです。為替のレートは、買う人と売りたいと思う人の価格を示したものです。銀行と銀行のやり取りの結果決まります。そこはマーケットメイカーと俗にいわれる指定された銀行であります。為替相場は周辺からの影響を受けながらも継続して変動して行きます。相場を変えて行く原因というのはファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズの意味とは経済の動き、経済の基礎的条件やいろいろな要素のことを言うものです。GDP成長率や景気状況、物価の指数、金融政策、国際収支、失業率、有力者の発言などの事柄が作用して為替レートは変化し続けます。特に貿易収支と無就業者数は影響力が大きいと考えられます。国際収支統計は、日本のいい方ですと財務省からの用命で中央銀行(日本銀行)輸出入統計を使ってまとめた外国との任意の期間の経済の取引を書いたものです。この統計は行政機関や日銀のホームページの中で確認できます。就業者の統計・失業率も影響する場合が多い一因だと言われます。格段米国の就労者の統計はポイントとされます。毎月公表され調べる目当てが幅の広いのが特色です。為替のレートの推移は国の経済の変動そのものです。その国の経済の動向を見定めることによって為替レートの変化予測が可能になると結論付けられます。