www.momandpopdesign.com
新聞のチラシ、電話ボックスに見られる広告やDMなどで、「多重債務の片付けやります」「多重借金を一括化したくないですか」などの売り言葉を目に入れることがあります。そういったものは、「整頓屋」「買取業」「つなぎ屋」という俗称の企業の嘘広告のときがあるということです。こういったものを依頼した際には自己破産申し立てフローの中で一番大切な免責許諾を受けられない危険性も存在します。「整頓人」とは宣伝などで債務者をおびきよせ相当な料金をもらって負債整理をしますが、現実には借金整頓は行われず、負債人は一層の債務スパイラルにはまってしまう失敗が9割方と考えてください。「買取人」の場合は、債務者のカードでデジタル用品、利用券を山ほど買わせて当人からその品を購入額の20%や半値で購入するという手口です。借金者は瞬間的にはキャッシュが増えますが必ずカード企業からの購入品の完全な督促がくることになり、結局のところ債務額を上乗せする結果となります。クレジット会社に対して犯罪とされてしまい免責をもらえません。「つなぎ屋」とは名の知れた金融業者から拒絶されるようになった借金者に対しダイレクトな融通は全然せずに、融通を可能である企業を紹介して、常識外の料金を出させる業者です。紹介人は自らの努力で融通が受けられたように解説しますが本当のところは何もしていなくてただルールのゆるめの店を把握しているということなのです。この場合も現実には借金額をアップさせる結果となります。